賢竜杯V 〜翔〜 公式ホームページ

地区予選ガイドライン

注:このガイドラインは現在改訂待ちの古いバージョンです。第2項に関する変更はこちらを参照してくださいそれ以外の部分に変更はありません。

0. はじめに

本書は、来る2009年1月11日にラッキー西千葉店にて開催される「賢竜杯2008〜翔〜」
(以下、賢竜杯と称す)の本戦出場権を賭けた、全国地方予選大会(以下、地方予選と称す)における統一基準を定めたガイドラインです。

今回、参加希望者は地域に関係なくどの大会にも出場できるため、共通の指標として本書を策定いたしました。
本書は地域や規模、運営形態に関係なく適用し、基準から逸脱している大会については、
地方予選として本戦参加者を選出しない場合がございます。

この基準に沿いまして、賢竜杯の主催である「Dragon Project PLUS」(以下、DPPと称す)が賢竜杯本戦出場者を選出できるものとします。
公平を期すためにも、ご理解ご了承の程、よろしくお願い申し上げます。

 

1. 地方予選大会の参加資格

(1) 地方予選は、ほとんど全ての大会が、店舗独自の定例大会を継承して実施されます。

定例大会においては、特に首都圏から離れれば離れるほど、純粋に店舗大会を楽しむ目的で
参加しているプレイヤーも多く見られます。
従いまして、賢竜杯への出場を目的にしているプレイヤーに限定して地方予選大会への参加を
認めることは、必ずしも主催者ならびに地域プレイヤーの意向に合致しない場合があります。

このことから、賢竜杯への参加意思の有無に関わらず参加自体は制限しないよう、お願いいたします。
また、指定日以前に出場権を獲得しているプレイヤーについては、当該地方予選において
本戦出場の選考対象から除外されるものとします。

(2) 出場枠については、各地方予選における定員に従いまして、次の通り配分します。

  1. 多い…33人以上の参加が見込まれる = 3枠
  2. 普通…32人までの参加が見込まれる = 2枠
  3. 少ない…16人までの参加が見込まれる = 1枠

全ての大会について、予想を下回った場合は出場枠が再設定されます。

例えば、33人以上の定員にもかかわらず16人しか参加がなかった場合は、上記のCが適用され、
上位1名のみが賢竜杯本戦への出場権が付与されます。
BとCについて、その逆で32人の予定で実際33人以上の参加が確認され、地方予選の定員を
拡大した場合
にも、当初の出場枠を増やすことはいたしません。

 

2. 予選通過・本戦出場権の選考基準

各店舗ごとに指定された期日での大会結果を基準に、参加者総数に応じて上位に配分する
ものとし、指定日以外の大会を選考基準にすることはできません。

勝ち点制のような、過去の戦績ならびに複数回の大会によって加減算したポイントの
上位を含めて選考することはできません。
前項の出場枠で選出される人数が確定しますが、出場枠は最大の人数であり、
重複の有無次第では配分が少なくなる場合があります。

下記の例のように出場権が付与されるものとします。

《例》
当日48人の参加(出場枠 3)があり、決勝戦+順位決定戦の結果、
1位がA、2位がB … 8位がHと仮定する。

  1. 基本的には、A・B・C に参加権が付与されます。
  2. A・B・C のうち、Bのみが参加権を取得していなかった場合は、Bのみに付与されます。
  3. A・B・C 共に、指定日以前の地方予選で既に出場権を取得していた場合は、
    D、E、F、G、Hの順に選考対象が繰り下げとなります。
  4. 出場枠数以降の順位への繰り下げは、新規参加権取得者がいない場合のみに行い、
    一人でも付与が行われた時点で繰り下げは終了となります。
  5. また、準々決勝以前に敗退した者への繰り下げ選考はいかなる場合においても行われません。

なお、上位に入賞したにもかかわらず、止むを得ない理由のある場合は、参加権を
放棄することができます。
但し、一度でも参加権を放棄した場合は、理由の如何を問わず、以後の地方予選で
参加権を再取得することはできないものとします。

(前日予選ならびに賢神就任による参加権再取得は可能です)
当然ながら、参加権を第三者に譲渡することはできません。
また、地方予選開催期間中、参加権取得者に違反行為が発覚した場合は、賢竜杯への
出場資格を剥奪します。再取得もできません。

 

3. 地方予選大会開催条件

 

4. 地方予選共通ルール

  1. 最終順位の高い者から1位から4位までの順位を決定し、その上位を勝ち抜けとします。
  2. 勝ち抜け人数ならびに勝ち抜け枠の補充については、各店舗の定めるルールに則り
    運営をお願いします。
    なお、このレギュレーションは、必ず予選開始前にプレイヤーへ告知してください。
  3. 得点が同点の場合は、画面上の表示に従ってください。
  4. 組合せや座席は抽選にて決定してください。進行の都合から必ずしも組み直す必要は
    ありませんが、試合毎の抽選を推奨します。
  5. 不正行為が確認された場合は、競技の前後に関係なく失格とします。
  6. 試合中に筐体の強制再起動、タッチパネル不具合、回線切れ等のトラブルについては、
    一切の権限を地方予選主催者に一任します。
  7. 原則として棄権は認めないが、止むを得ない事情がある場合は主催者側の判断で棄権を
    認める場合があります。この場合は順位繰上げとします。

 

5. 本戦登録

※本戦エントリーの詳細は後日改めてお知らせします!

 

以上、何卒ご協力をいただけますよう、お願い申し上げます。

ご不明な点がございましたら、最寄のDPPスタッフまでご連絡下さい。

 

2008年9月15日 Dragon Project PLUS